バレエがテーマの映画紹介

転職のアドバイスが欲しい方は、「転職ビギナーの疑問解決アドバイス集」サイトが役に立ちます

バレエは16世紀の末ごろからヨーロッパを中心に広まった舞台舞踏です。バレエは音楽に合わせて踊りますが、音楽に歌詞はついていないため踊りによってストーリーを表現します。
かつてはバレエは男性ダンサー中心でしたが18世紀に初頭には女性ダンサーも登場するようになり、女性の職業としても確立されることになります。

バレエは大きくわけるとロマンティック・バレエ、クラシック・バレエ、モダン・バレエにわけることができます。
ロマンティック・バレエは18世紀後半から19世紀半ばまで流行しましたが現在は衰退しています。
クラシック・バレエは現在のバレエの原型と呼ばれています。日本では「眠れる森の美女」と訳される物語も元はチャイコフスキーがバレエのために作曲した音楽で、ロシア語や英語の直訳では「眠れる美女」になります。「眠れる美女」は「白鳥の湖」「くるみ割り人形」とともにクラシック・バレエの代表作にもなっています。
モダン・バレエはクラシック・バレエをもとにしていますが、クラシック・バレエにはないステップや民族舞踊的要素を取り入れて振り付けを行なうバレエスタイルです。クラシック・バレエのレパートリーを現代風にアレンジした振り付けのものや、ジャズやロック音楽に合わせて踊るなど、独自の表現力を持っています。

バレエをテーマにした映画も沢山作られています。既出の映画『眠れる美女』のほか、「ロメオとジュリエット」「リトルダンサー」「エトワール」「赤い靴」「バレエ・カンパニー」「ブラック・スワン」「パリ・オペラ座のすべて」などがあります。リアリティーを追求したドキュメンタリータッチの作品からストーリーを重視したフィクションの作品まで趣向は様々です。

就活で重要なポイントの1つ、就活での身だしなみについては、コチラのさいとが参考になります